トイレの床の水漏れは大規模な工事になる前に交換も

トイレは、長く使えるように作られている設備です。毎日使うことになりますし、清潔な環境にしておかなければいけない性格も持っています。そのため、水漏れなどが起きてしまえば、大きな問題になるでしょう。使うことができないだけではなく、衛生的な問題も考えていかなければいけません。実際にどこから漏れているかによっては、修理をするのではなく、トイレの交換といった工事も検討することになります。

■床が濡れていると気が付ついたとき

トイレに入ってみたら、床が濡れていることに気が付くことがあります。掃除して終了ということで済めば問題はありませんが、その後まだ濡れているような状態になっている時は、水漏れを起こしていることを考えなければいけません。
放置しておくと床が傷んでしまうことを考えると、できるだけ早期の対処が必要です。そのために、原因の追究が必要になってくるでしょう。大きな原因としては、トイレのタンクや給水パイプといった接続部分から漏れてくることがあります。パッキンなどを交換すれば水漏れがおさまることもありますが、便器と床の隙間から漏れてきている場合には大きな問題です。パッキンが取り付けられていますが、致命的な状況になっていることも考えられます。

■トイレの交換も視野に

床との隙間から漏れてくることは、そうそう起きることではありません。ですが、何かの力が加わり、ずれてしまうようなこともあるので、確認が必要です。長年使っていると劣化することも考えられます。こうした状況になると、全体的に劣化が進んでいることも考えられるため、トイレの交換も視野に入れておくべきでしょう。
現在のトイレは、性能も確実に向上しています。音も小さく、節水効果は驚くほどのレベルになってきているため、長期的に見れば得をする部分も出てきます。特に家族の人数が多い場合には、水道代が節約できることは大きな影響があるので、トイレの交換はプラスになることもあります。

■まとめ
トイレの交換には、大きな費用がかかります。しかし、きちんと修理をしないまま水漏れを続けていれば、もっと大きな工事をしなければいけないことが出てくるでしょう。床が腐食してしまえば、リフォームが必要になってきます。アパートやマンションでは、下の階に迷惑がかかることもあるはずです。衛生的な問題も含めて、大きな問題と費用を発生させてしまうことになるのですから、単純に水漏れととらえずに交換も視野に入れておいた方がいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ