トイレのウォシュレットからの水漏れの修理は専門業者に

温水洗浄便座というと、どこかなじめない名称に感じるかもしれませんが、実は非常に身近なものになったウォシュレットの正式名称です。本来は温水洗浄便座と呼ぶのが正しいのですが、あまりに一般化してしまったため、商品名の方が広く知られています。日本での普及率は約8割といわれているほど日常生活で欠かせないものになってきましたが、ウォシュレット 水漏れが起きる可能性もあります。トラブルが起きた時に焦らないように、対応について知っておく必要があるでしょう。

■電気も使っていることを忘れない

現代人の生活に欠かせなくはなってきますが、水と電気を使っているということが重要です。当然ですが、故障すれば水漏れが起きるようになり、トイレの中で大きな問題になってしまいます。修理を考えていかなければいけませんが、電気の存在が重要になってきます。感電してしまう恐れがあることを理解しておかなければ、原因の追究もできませんし、修理もできません。
漏れてきている水がコンセントにかかっているようなときには、ブレーカーを切って感電しないようにしてから作業に入ることが大切です。水漏れの箇所を調べるときにも、まずはコンセントの確認をするようにしましょう。

■本体内部に水が入っていくこともある

水漏れする箇所はいろいろとありますが、本体の故障は大きな問題になってしまいます。本体に対して給水管から水が送られてきますが、この部分で漏れてくるようなことがあれば、本体側のさまざまな部分が内部で濡れることも出てくるでしょう。非常に大きな問題になる場合があり、電源を外しておらず、ぬれた手で触ったりすると感電することもあります。
どんどん床に浸水することも考えられるため、止水栓を閉めてから修理することが重要です。実際に電気と水道の両面で修理を進めていかなければいけないため、専門業者に連絡して検査してもらい、迅速に対処を考えることが重要になります。

■まとめ
トイレで使われるウォシュレットは、非常に便利で生活に欠かせないものになってきています。構造的に内部に水がたまったときには、水抜き栓から対応できるようになっていますが、ほとんどの人が知らないところになるでしょう。ノズルの修理などでも使われますが、パッキンも使われているため、そこから水漏れしてしまうことも出てきます。実際問題として、素人ではこうした構造も電気に関わる部分もリスクが高いことになってしまうため、専門業者に依頼して対応を考えるのが間違いのない方法になるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ